タイトル画像2

なぜ格安スマホの料金が安いのか

格安スマホの性能

格安スマホは携帯大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)の中心商品であるアップルのiPhoneやサムスンのGalaxy(ギャラクシー)といった超高額品のスマートフォンは使われておりません。

もっとリーズナブルな低価格のスマートフォンが採用されています。

しかし、価格の安いスマホでも現在では十分な性能を持っているので実用的にはそれほど問題ないと思います。

ファッションでいうところのブランド品とノーブランド品の違いといったところでしょうか。

また、格安スマホが安いもうひとつの理由として通信回線の料金が低価格だということです。

これは携帯大手3社の通信回線だけを利用しているのでインフラの保守、整備の必要もありません。また、格安スマホ事業者の多くは店舗も持たず、ゆえに家賃や店頭での販売員、サポート要員も必要としないので、経費も少なくすむということがあります。

当然、大手の通信回線を利用しているので、その品質も対応エリアもほとんど同じと言えるでしょう。

電話をするのが多い人には注意が必要かも

格安スマホは携帯大手3社のような家族間通話無料サービスや毎月の通話料金が定額のプランといったものがありません。(一部、IP電話で定額プランの会社もあります。)

通話の多い人は、携帯大手3社の定額プランの方が安くすむかもしれません。

反対にあまり通話しない人には携帯大手3社の定額プランは高い料金になっていると思います。

携帯大手3社の料金設定は定額通話の分があらかじめ入っているから高く設定されている部分もあるのです。

おすすめの格安スマホを見てみる

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com