タイトル画像2

LTEとは

LTE(Long Term Evolution)とはスマホなどに使われる高速モバイル通信規格のことです。

旧携帯電話で使われていた3G(第3世代携帯電話)の次の世代の4Gに準ずる(実際は3.9Gですが)ということでLTEも4G(第4世代携帯電話)と表現してもよいようです。

総体的には事業者間では名称のバラつきがあるようですがLTE=4Gと解釈して間違いないです。

要するに難しいことを抜きにして言えば3Gよりデータ通信速度が速いということです。最新のスマートフォンの高額品モデルの多くがLTEを搭載しています。

通信速度は75Mbps~100Mbps(理論値。実際にはそんなに出ていません。)程度です。

スマホのアプリダウンロードしたり、動画を見るときにイライラしない確率が高いです。

3Gとは

3G(3rd Generation)とは第3世代携帯電話の通信規格の名称です。2001年5月にNTTドコモがサ試験サービス、同年10月に本格サービスを開始した「FOMA」が最初です。

通信速度は数Mbps~14Mbps程度です。

数字にしてしまうとLTEに比べて随分遅いように思いますが、ちょっと前の(あいまいな表現ですいません(´д`ι) 。)携帯電話やスマホは3Gでしたので、そう考えれば動画を見る時以外は、それほど不便ではなかったのではないでしょうか?

GB(ギガバイト)とは

1gb

データの容量を示す単位。1GB は 1024MBです。 1MBは1024KBです。

スマホの契約プランで月々2GB、3GB、5GBとあるのはひと月でそれだけのデータ量を使えますよということです。

当然GB数が多ければ料金も高くなります。データ量を一番消費するのは動画になるでしょう。スマホで動画をたくさん見る人は月極めの契約プランはGBが多いのを選んだ方がよいでしょう。

おすすめの格安スマホを見てみる

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com