タイトル画像2

格安スマホが安い理由

安い理由

MVNO事業者(仮想移動体通信事業者)のスマホの料金が大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と比べてどうして安いのでしょう。

一番大きな理由は通信回線を利用するコストの安さでありましょう。MVNO事業者は大手キャリアの通信回線の一部を借りることによって運営しています。(政府・総務省が携帯大手3社にMVNO事業者に対して通信回線を貸し出すよう指導しています。)

ドコモやau、ソフトバンクは自社で通信設備を持っています。基地局やアンテナの設置、メンテナンスもしています。

さらに全国に店舗、窓口の維持、サポートセンターなどのフォローなど相当のコストがかかります。

それに比べてMVNO事業者は一部を除き、窓口の対応などもなく、ホームページや電話などでのサポートとなります。

つまり、そういったコストがかからない分、通信料金を安く設定できるのです。

ただ、そういったことでトラブルなどの時のサポートは大手キャリアと比較して劣るかもしれません。

スマホ本体も安い

また、使われるスマホ本体もドコモ、au、ソフトバンクなどと比較して低価格のスマホを採用しています。

ドコモ、au、ソフトバンクのスマホ本体はiPhoneやGalaxy、Xperiaなどに代表される70,000円~120,000円といった高額品のスマホが中心です。

半額近くの料金は魅力的でしょう

上記した2つが主な理由で格安スマホが安い理由です。そして前述したようにNTTドコモを中心とした携帯大手3社の通信回線を利用しているので通信品質はそれほど変わりはありません。

ならばどうでしょう?多少のサポートの不便があったとしても、今までのスマホの月額料金が半額近くになるのは魅力的ではありませんか?

買い物の時、5割引きなんて商品があったらうれしいですよね。

それが毎月ですよ。年間にしたらかなりの金額になります。まだまだ、景気が良くなったと実感しえない今の時代、高額スマホから乗り換えべきではないでしょうか。

おすすめの格安スマホを見てみる

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com