タイトル画像2

長電話が好きな人や営業マンは格安スマホは使っては駄目です

最近、何かと話題の格安スマホ。従来の携帯電話料金の半分以下になるとか、ホントかよと疑いたくなるような話です。

たしかに上手なチョイスをするとドコモとかau、ソフトバンクの料金より安くなるのは本当です。

携帯大手3社の月々の費用が7,000円から10,000円ぐらいだとするとその半額以下で利用できます。

少しスマホの機能は落ちますが機種代、基本料込みで月額2,000円なんてプランがある会社もあります。

もう少し予算をアップして3,000円ぐらい出せば写真もきれいに撮れるし、機能もバッチリというプランもあります。

ただ、ちょっと待ってください。

格安スマホはスマホの機種代金や基本利用料が安いというメリットに対し、デメリットもあります。

通話料金の問題があります。格安スマホは基本料の他に通話料金がかかります。

30秒20円、格安通話アプリを利用しても半額の30秒10円。

これに対し携帯大手3社の通話料金は「かけ放題」などといったサービスがあります。

いくら電話をかけても2,700円ポッキリというコースですね。最近では「かけ放題」のライトプラントして5分以内なら1,700円というコースもできました。

格安スマホが台頭してきたのでこれに対抗してきたのでしょうか。

この通話料金の問題、格安スマホ利用者のネックです。

ズバリ、会社の営業マンなど仕事で頻繁に電話をかける人や、おしゃべりが大好きで長電話をしてしまう人には問題です。

せっかく基本料金が安いのに通話料金で携帯大手3社の料金より高くなってしまうかもしれません。

まあ、対策としてはLINEなどの無料電話を利用するかIP電話(050で始まる電番号)のかけ放題プランのコースがある格安スマホ会社(Nifmoなど)を利用するかでしょう。

ただ、LINEは相手もLINEを利用していなければいけないし、親しい友人などでしか使いにくい気がします、IP電話は050なので電話番号が変わってしまうという問題があります。

結論としては長電話をする人は格安スマホは向いてないかもしれません。携帯大手3社の「かけ放題」サービスを利用したほうが良いでしょう。

まだある格安スマホのデメリット

おサイフケータイを利用している人も少々問題があるかもしれません。

と言うのも格安スマホの機種ではおサイフケータイの機能がある機種が限られているからです。

今のところ「Xperia J1 Compact」や「arrows M02」などでしょう。

おサイフケータイも利用するとたしかに便利な機能なので、利用者にとっては捨てがたいものでしょう。

ただ、今後は利用できる格安スマホも増えてくると思われますが。

おすすめの格安スマホを見てみる

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com